地上本没有路

アクセスカウンタ

zoom RSS ペ・ドゥナはカワイイのか!?

<<   作成日時 : 2007/04/23 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『グエムル -漢江の怪物-』を観賞。

画像


ポン・ジュノ監督が手掛けた異色のモンスター・パニック巨編。ソン・ガンホ主演、ペ・ドゥナ共演。
ソウルの中心を貫く大河漢江。その河川敷で売店を営むパク一家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)。
その一人娘ヒョンソ(コ・アソン)が突如現われた怪物に連れ去られてしまい…。

出だしは好調、あとは…。
監督の前作『殺人の追憶』が傑作だったので、こちらも期待したのだが。
監督らしいブラックユーモアはそこここに見受けられるのだが、イマイチこの題材にはそぐわない。
怪物に人々が食い殺されている場面を観た後ではあまり笑う気にもなれず。
もしコメディ色を強くしたいなら、そうした場面は極力見せない方がよいだろう(怪物が同じことをしていたとしても、だ)。
同じような題材を扱っていながら、まったく怪獣が出てこない邦画の快作『大怪獣東京に現わる』の方が個人的には好きだ
(しかも舞台は東京ではなく福井県!)。
怪物が現われることによる日常から非日常へというパニックシチュエーションを楽しむなら断然こちらだ。
ともかく、変なユーモアを交えずにシリアスな路線でストーリーが展開したなら、もう少し面白くなったのに。
怪物の造形に関しては、個人的には好きだ。あまり大きすぎず、リアル。実際に棲息していてもおかしくないと感じる。
それだけに…残念だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペ・ドゥナはカワイイのか!? 地上本没有路/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる